KyodoPR RECRUITING 2022KyodoPR RECRUITING 2022

MEMBER社員紹介

SAKIKO MATSUKAWA 松川 咲子 PRアカウント本部1部  2019年入社SAKIKO MATSUKAWA 松川 咲子 PRアカウント本部1部  2019年入社

SAKIKO MATSUKAWA 松川 咲子 PRアカウント本部1部  2019年入社SAKIKO MATSUKAWA 松川 咲子 PRアカウント本部1部  2019年入社

周りに安心感を
与えられる人になる

普段はどんな
仕事をしていますか?

美術館、IT企業、不動産と様々なクライアントを担当させてもらっています。
すでにご契約していただいているクライアントとの定例会や、広報事務局としてのメディア対応など日々の業務のほかに、新規でご契約いただくためにプレゼンをする機会もあります。私は配属されて新たにスタートする案件を担当することができたので、クライアントとゼロからPR活動を考えることができています。

仕事のやりがいは?

自分次第で学ぶチャンスはたくさんある仕事だと思います。
やりたいという意思を尊重してくれますし、業界問わず様々なクライアント、メディアの方とつながりを持つことができます。

周りに安心感を与えられる人になる

仕事の辛いところ、
難しいところは?

クライアントの課題に対して適切な提案をすることの難しさを感じています。
私はまだ先輩に頼りきりなので、どんどん経験を積んで、積極的に発案していけるようになりたいです。

どんな切っ掛けでPR業界、
そして共同ピーアールを
選んだの?

PR業界は秋採用から受け始めました。第一志望の業界(出版)にことごとく落ち、大学4年の夏に内定がひとつもない状態で自分の視野の狭さを恨みました(笑)それでも出版社への思いは断ち切れず、メディアに関わることができ、且つ、色々な業界を知ることができるPR業界を選びました。共同ピーアールを選んだのはOB訪問でお会いした先輩がとても格好良かったからです!

周りに安心感を与えられる人になる 周りに安心感を与えられる人になる

ぶっちゃけ、
他にどんなところ志望してた?

出版業界です。本や雑誌が好きで憧れて受けていたのですが、今となってはPRの仕事の方が向いていたのではないかと思っています(笑)。就活は自分ひとりで考え過ぎず、色々な人に話を聞いてもらいながら進めると良いと思います。

共同ピーアールの良いとこ、
悪いとこ

様々なクライアントの仕事に一貫して携わることができるのは良い点だと思います。
あとは、仕事は決して楽ではないですが、人が良いのでいつも助けられています。一方で、クライアントとの守秘義務を守るために同じアカウントチームで仕事することが多く、他のアカウントチームとのつながりが薄くなってしまうのはもったいないところかもしれません。

周りに安心感を与えられる人になる

どんな仲間と一緒に働きたいか?

私は“あれこれ言い合える後輩”がいてくれたら嬉しいです。仲良くしてくれるのが一番です。

未来の仲間へ
これだけは伝えたいメッセージ

就活は落ち込むことも多いかと思います(私はかなり苦戦したので…)。頑張りどころではありますが、自分を追い込み過ぎないようにしてください。あと、社会人は意外と楽しいので安心してください。

PAGE TOP