KyodoPR RECRUITING 2022KyodoPR RECRUITING 2022

MEMBER社員紹介

SUGURU TAGAYA 田ケ谷 卓 PRアカウント本部1部  2018年入社SUGURU TAGAYA 田ケ谷 卓 PRアカウント本部1部  2018年入社

SUGURU TAGAYA 田ケ谷 卓 PRアカウント本部1部  2018年入社SUGURU TAGAYA 田ケ谷 卓 PRアカウント本部1部  2018年入社

ジブンだからできる
ことを身に着ける

普段はどんな
仕事をしていますか?

現在は4つのクライアントのPR活動の企画立案からメディア対応まで一貫して担当しています。具体的には、クライアントのメディア露出を増やすためのコンサルティングからPR施策の実施、メディアの取材誘致や記事掲載チェック、レポートなどを行っています。
また、新規で依頼があった企業のヒアリング、企画立案や提案もしています。

仕事のやりがいは?

視聴者や読者には見えない影の努力によってテレビや雑誌といった大きなメディアに紹介され、世の中に発信できることがやりがいだと思います。その裏では地道なメディアの分析を行っています。自分の努力によって日本中に情報を発信できた時は嬉しいです。

ジブンだからできることを身に着ける

仕事の辛いところ、
難しいところは?

メディアに響くネタ作りです。お客様は限られた予算の中で、自社の製品やサービスを発信したいと考えています。その中でもメディアに取り上げてもらえるアイデアを出していくのが難しいです。普段の生活から様々なことに興味関心を持つことが大切だと思っています。

どんな切っ掛けでPR業界、
そして共同ピーアールを
選んだの?

地元を活性化する街づくりサークルに入っており、イベントの企画・開催をしていました。
その中でどうしたら自分の大好きな地元や企画したイベントが、世の中に広めまるか考えることがありました。
その過程で取材誘致や自治体と協力をしていくことで同じようにモノゴトが広く世の中に広まることに面白さを感じPR業界を志すことに決めました。
共同ピーアールを選んだ理由は、採用担当者の情熱や熱意が最終的な決め手になりました!

ジブンだからできることを身に着ける ジブンだからできることを身に着ける

ぶっちゃけ、
他にどんなところ志望してた?

広告会社、花卸、イベント会社、PR会社など計20社ほどを受けていました。
今にして考えれば、就活のスタート時はPRや広告、制作会社の違いさえ分かっていなかったなと思います。(皆さんは、ぜひ事前に勉強してください)
就活を進める中で、PRが自分のやりたいことだと気づきました。

共同ピーアールの良いとこ、
悪いとこ

良い点は自由度が高いことです。チャンスはたくさんあります。悪い点は、チャンスを上手くサポートしてくれる人や環境がまだ十分整っていないと感じています。

ジブンだからできることを身に着ける ジブンだからできることを身に着ける

どんな仲間と一緒に働きたいか?

元気。おしゃべりさん。個性がある。多趣味。

未来の仲間へ
これだけは伝えたいメッセージ

共同ピーアールはインパクトのある若手を必要としています。
個性や趣味を生かしながら活躍できるチャンスはあると思いますので、まずは説明会にお越しください。

PAGE TOP